星屑に乗って

君にもしも出会わなければまるで違う世界が見えていたんだ

ジャニーズJr.祭り 2018 3/27 2部 覚え書き in横浜アリーナ

いつも言っているけれど始まるとあっという間に終わってしまう公演。やっぱり寂しいですね。今年はクリエもなければらぶは次の現場が決まっていないので、次にアイドルをしている彼らを見れるのはいつなのか…早く次の現場情報ををください……。

この2部、色んなお偉いさんが見に来ていたみたいですね。それからジャニーさんも見に来ていたのを見かけました。その関係もあってか、オーラスだからかはわかりませんが大幅なセトリ変更有。

19曲目のフラワーの後にハイビー曲が追加。MCにもハイビーが参加。MCもらぶ→すの→トラ→ストの順番へ変更でこの順番でユニ曲披露。

Wアンコールは挨拶とLove so sweet。

Love-tune

・象

・superman

・Cristal Sky

・CALL

Snow man

・ZIG ZAG LOVE

・メンバー紹介ラップ

・Vanishing Over

・Snow Dream

Travis Japan

・Dance With Me~Lesson1~

・愛のかたまり

・Tonight

・Happy groovy

SixTONES

・JUNGLE

THE D-MOTION

・Battery

・オリ曲マッシュアップ

・Amazing!!!

ユニ曲の間にあったワイルドアットハート、Weeeek、キングオブ男、ズッコケ男道、38曲目~41曲目のすのスト、らぶトラコラボ曲の8曲がカット。

 

烈火

しかもこれ、全員がばっと映されるんじゃなくて一人ずつ順番に浮かび上がってくるのが綺麗だった。

 

もう君以外愛せない

曲が終わった最後丁寧に深くお辞儀をしていたのが印象的だった。こういうところが推せるポイントだったりする。

 

MC

ハイビーとの絡み

安井さんが基本的にMCを回してハイビーがしゃべって、周りがガヤを入れるみたいな感じだったんだけど、どうしてもハイビー側をまとめるのがゆうぴーになっちゃうから途端ににじみ出る土曜9時感。らじらーだったでしょあの瞬間。

仲の良さというか信頼の度合いがにじみ出てて可愛かった。いつの間にからじらーも当たり前になっていてこの二人のコンビも当たり前になっていることが不思議で今でも信じられなかったりする。尊い

らぶMC

 

らぶコーナー

消化試合とか言ったの誰本当に。いや私なんですけど。今までで一番気合が入ってたし、絶対に勝ちにいくぞっていう気迫を感じられた。いまだに消化しきれていない。

・象

いや、本当にびっくりした。普段はあんなに周りの空気を読んで綺麗に収める安井さんが置かないと始めないって。単独ならまだしも、他ユニのファンがいる中でそんなことする?という疑問と驚きを感じると共に、そんな全部が自分たちのファンじゃない環境でそれをやってのけようとするらぶの判断が最高にかっこよく思えた。あと、いつもペンラを置いてっていうのはNWOの前だから顕嵐の担当なんだよね。それを今回安井さんが担当してたってところにも本気を感じた。あの安井さんが、あんな語気強めに「ペンラ置いて!」と言っているの、ああすごいなと思ったしめちゃくちゃかっこよかった。自慢の自担。

こういうところも含めてね。自慢だなあって思う。

「無謀なことをしても絶対返してくれる人はいる、俺たちのファンなら大丈夫」みたいななんというか。ペンラはおいてくれても全員が乗ってくれるかなんてわからないし、それが反感を買う行動になってしまうかもしれない。でも絶対応えてくれる人はいるからそれならやろう、みたいな感じだったのかなあ。わからないけれど。

この曲を選曲してきたことに本気で驚いたんだけれど、それほどこの場が本気で勝負を仕掛ける場だったのかな、と思う。正直バンド曲なんてNWOでもいいし、調子どうよ、どうもこうもないよ!のC&RができるT.W.Lでもよかったわけで。それから見せ方で言ったらSHE SAID...もアリだなと思ったりもした。でも本当に純粋にバンドだけで勝負する象を選んだところにらぶの本気を感じるし、絶対負けられない戦いだったんだろうな、と思う。ゴリゴリのバンドで魅せて、キラキラのアイドル曲で魅せて、がっつり踊れるところも魅せて、バンドとダンスを融合させられることも見せ付けて、この象からの流れも天才的だったと思う。

なんにせよ、ペンラをなくしたことで暗転した会場と、ただただらぶの7人だけを照らす白い照明が綺麗で綺麗で。あの会場全体を巻き込むパフォーマンスは絶対らぶにしかできないと思うし、バンドも含めらぶの大きな強みだと思う。ああ、好きあだなあ、どこまで好きって思わせれば気が済むんだろう。

・superman

セブカラの時の「きっときっときらめくセブンカラー」でメンバーをぐるっと指さした安井さんを思い出した。安井さんからは本当にLove-tuneのことが大好き!が溢れ出ていて、この7人でよかった今この瞬間このメンバーでいることができてよかったを全身で表現してくるから、たまらない。こっちが恥ずかしくなるくらい好きでたまらないって顔をするから、もうまるっと全部好きになるしかないんだよなあ。いつだって安井さんの掌の上で転がされている。

個人的にこれもとても大きいなあ。単独から本当にいろんな気持ちを救ってもらっている。気持ちがどんどん軽くなる。

・Cristal Sky

これ本当に。suermanが終わって一瞬下を向いた瞬間にもう入っているスイッチ。一瞬の表情の切り替えやまとう空気の変化がもうやっぱり天才としか言いようがなくて。本当にすごい。

・CALL

いつもの可愛い笑顔じゃなくて男の人の笑い方だったのが印象的だった。

萩ちゃんと肩を組んで、うわ~~~~って顔を近づけてた。萩ちゃんの髪が激しく乱れていた気がしたから、肩を組んだ手で髪の毛わしゃわしゃしてたのかなあ。そこは見逃したけど久しぶりに萩ちゃんが安井さんのこと見てくれたな、ってめちゃくちゃ嬉しくなった。

このCALLもなんだか今までと気迫が全く違って、本当にこの公演に何をかけているの?と聞きたくなるくらい。いつだって全力なのはわかっているんだけど、それでもいつもとの気迫の差を感じてしまった。気合の入り方が尋常じゃない。こんな気合の入ったCALLを見たのはいつぶりだろうと思ってしまった。

 

FIRE BEAT

黒の新衣装。フードを深めにかぶって寝っ転がってそのままカメラに抜かれる安井さん、目元が全然見えてなくてめちゃくちゃに治安が悪い。ナイツから抜けて逃げてんのかなとかちょっと思った。

 

銀テープ

飛んでから、降り終わるまでずっと頭を下げていて。ああ、なんだか、こういう人なんだよなあと思った。

 

Wアンコール最後

 

 

感想ともろもろ

全然らぶコーナーのことがかみ砕けていないし何も消化できていないんだけれども、正真正銘バンドが彼らの武器なんだなと今更改めて実感した。ストは特効を使ってもらえてたし、すのはオリジナル曲だけで合わせてきた。でもなんていうか、一切演出なく白く照らすだけの照明の中でペンラを下ろさせて歌うの、どんな特攻より強い演出だなとぼんやり思った。らぶは、確実にらぶにしかない武器を持っていて、それをどうすれば有効活用できるかという術も知り尽くしているんだろうなあ。本当に驚くぐらい印象に残った。

これは確実にあるなと思っていて。今まで通りの順番だったらまた違う印象だったかもしれない。

あとほんっっっっっっっっとうにこれで!!!!!!びっくりした、らぶがいなくなった瞬間立てなくなった。いつもどうやって見てるのかわからなくなった。これめちゃくちゃ体力消費すんのな……!?!?!?

まあそんなことはともかく、本当に見れてよかった。あの象の気迫はZeppにふわっと戻ったみたいだった。見れば見るほどらぶを好きになっていくし、安井さんを好きでいられていることが誇りに思えてくる。ああ、好きになったのが安井さんでよかったし安井さんのグループがらぶでよかった。

と、いうことで大阪から合同含め全8公演お疲れ様でした!!!!!!!!!!最高の祭りに感謝するとともに来年もよろしくお願いしまーーーーーーーーす!!!!!!!!!!!!!!