星屑に乗って

君にもしも出会わなければまるで違う世界が見えていたんだ

湾岸 Love-tune公演 12/16 1部覚え書き

秋の単独が終わり、次まで長いなと思っていたらあっという間に12月も半ばです。この約二か月ほぼ記憶がないくらい一瞬で過ぎ去ったような気がする。いつもいってるけど今回は今までの比じゃないくらい早かった風のようだった。

春夏秋冬すべてで単独公演を行った今年のLove-tune締めの湾岸公演。いつも通りメモを解読しつつのツイートまとめです。ほぼほぼ自担メインの自分用になると思いますので悪しからず。セトリなどのネタバレも含みますので、大丈夫な方だけ読み進めていただければと思います。

 

セットリスト 16~23までメドレー

  1. This is Love Song
  2. MU-CHU-DE恋してる
  3. SEVEN COLORS
  4. レッツゴー!!
  5. ミニMC
  6. Whippy
  7. Let It Be
  8. Tell me why
  9. 烈火
  10. テンション
  11. MC
  12. Love wonderland
  13. あわてんぼうのサンタクロース
  14. サンタコント
  15. DING DONG
  16. 恋のABO(モロ)
  17. CANDY~can U be my BABY~(安)
  18. Beat Line(萩)
  19. はだかんぼー(森)
  20. いいともOP(真)
  21. 番宣タイム
  22. CRAZY MY DREAM(長)
  23. Sexy Summerに雪が降る(顕)
  24. 前向きスクリーム
  25. ダイスキデス
  26. Striker
  27. Masterpice
  28. NO WAY OUT
  29. T.W.L
  30. 自分のために
  31. CALL

アンコール

・YOU

・SHAKE

 

This is Love Song

前半のバラードパートカットで2番から始まるラブソング。出だしから「君に会えてよかった」まで幕が開かなく会場は暗いまま、ぱっと明かりがついて幕越しにシルエットが映った後に幕があがる演出が最高に素敵だった。いつもテンションぶちあがりな曲で始まるから、このキラキラしたアイドルな始まり方が新鮮で仕方がなくて。

この言い方がまーーーーあざといのなんのって。自分の可愛さを十二分に理解してる言い方。この後に顕嵐がちょっと照れながら「あらんだお?あらんだお……」って言ってたのも可愛かったし「モロだおぉ♡」って乗り気なモロもめちゃくちゃ可愛かった。

そんでもって新衣装がまあ可愛いこと可愛いこと。

 

レッツゴー

キャッチーなTHE☆アイドル!!!!な振付。みんなも踊ってねーー!!!!って言ってたけれどなかなか難易度高いよこれ!?!?!?でも本当に可愛くて。全員でわちゃわちゃしているような感じが多いかな。横並びな時間が多かった気がする。全部がっつり振付している感じだったので、これは絶対少クラで披露するだろうと踏んでいる。

 

ミニMC

あと何かの流れでやすいさんが「ごさいだお♡」って言ってたのが最高に可愛かった。なんなの、だおっていまはやってんのなんなの?????????

 

Tell me why

念願のマイクスタンドでのてるみー。ヘッドセットと大階段演出でのてるみーも最高だったけれど、やっぱりこの曲はマイクスタンドでしっとり歌うのが合うなと思ってしまいます。今日もれおの「あいたい」は最高だった。

 

烈火

三味線と笛の演出は秋から変わらず。途中で安顕諸が大きめの和布をもって歌う演出が追加されてて、この布を扱うやすいさんがまあ妖艶で……MOONの花魁衣装を思い出した。しぐさ一つ一つが丁寧で綺麗で妖艶で。それから途中でベストの前を開けてシャツのボタンも外していたんだけれど、どうやらボタンをはずしすぎたみたいでそれがまたときめきであった。

本当に下の2つくらいしかとまってなくて、カーディガン羽織ってるみたいになっちゃってた。黒いインナーが丸見えで、それを気にするように片手でボタンをとめようとするけどまったくとまらなくて諦めてそっとシャツをあわせて持ってる和布でそこを隠してるところがまあまた妖艶なんですわ……ごちそうさまでした………。

 

テンション

去年の夏と歌割も最後の名前呼びも全部一緒で、なんだか不思議な気持ちだった。最後いつも俺!!!!で終わらせてたところを今回はきちんと会場に「やっすー」って呼んでもらおうとしてたところになんだかグッときてしまった。

 

MC

久しぶりに椅子がある話と湾岸スタジオの話

四季単独の話

安「Love-tune今年春夏秋冬でライブやらせてもらってるの、春のクリエ、サマステ、Zepp(声強めで強調)、それから湾岸って全部単独でやらせてもらえて」

誕生日の話

安「Love-tune秋生まれが多いんだよ、誕生日メドレーすぎる」

しかもこのフリーザとピッコロの被り物、店に到着してから思いついて店の前で引き返して買いに行ったらしい。うちの最年少コンビ恐るべし…………。

安「萩ちゃんでよかったーーーー!!!!って思った」

安「みんなどうなの?来年どうする??一周したから、俺、ながつは最高だった。ケーキがついて5分で出てきたこと以外は最高だった」

「出てきた出てきた!?!?みたいなね」

諸「店員さんもですよねーって戻っていった」

真田「大変申し訳ありませんでした」

あとものすごくどうでもいいんだけど、直前まで笑って話をしてたと思ったら突然真顔になってごくごく水を飲みまた真顔で顔をごしごし拭いている自担を目撃してしまい僕は私は僕は私は

 

Love wonderland

で、でた~~~~~~~!!!!!!夏やったやつ覚えてる!?!?!?ってやつ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!待ってた~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!

本当に一生懸命背伸びして、なんとか届かせようとしてるんだけど全然届かなくて、最終的に美勇人をよじ登ることで解決しててめちゃくちゃ笑ったし最高に可愛いであふれていた。

 

サンタコント

オレンジ「最近の子供たちはませててあいちゅーんじゅカードとか頼んでくる」

ピンク「…………あいちゅーんカードな」

本当にまんまなにわ侍のコントの流れ。

グリーンサンタ犬にサンタ砲が当たり息絶える→スローモーションになる→人工呼吸しなきゃ!オレンジが責任とって人工呼吸しろよ!ちゃんと口つけろよ!!→オレンジが顔を近づける→グリーンは拒む→ピンク「気絶している!こんなときはこれ!」→ゴムぱっちん登場→ダチョウ倶楽部のどうぞどうぞの結果イエローに→イエローパッチーーーーーン!!!!!

イエロー「痛い!!!!!!!!リハのとっ稽古の時よりいたっ!!!!」

ピンク「へたくそか!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

らぶけんてぃー

天才でした。天才でした。大人のらぶけんてぃーらしいです。

\らぶけんちゃん!/ですよ。しかも可愛くぺろぺろキャンディー持って。あざといとかもうそういう次元じゃない。生命の神秘。可愛さの塊。可愛いを実体化させたらああなるんだと思う。しかもこれだけのために巨大LOVEけんちゃんキャンディーを2本も作ってもらっててめちゃくちゃ笑った。どこで権力使ってんの。

途中で愛してるよとかなんとかセリフを言っていたんだけどなんだかもう記憶吹っ飛びまくってて何を言っていたかまったく覚えていない。悲しい。目をすがめてどやあって顔をしてしゃべってたのは覚えている。だがしかし何を言っていたのかをまったく覚えていない。悲しい。

 

はだかんぼー

美勇人さんメインで後ろに諸安かな?3人で椅子を使ってダンスするんだけど、椅子の背に足を上げる振りで後ろの二人は足が短くて届かないよお><おっとっと><みたいなことしててもう可愛いのなんのって。ほっぺぷくっとしたりコロコロかわる表情の差にノックアウトされた一曲。

 

CRAZY MY DREAM

後ろから小さいかごを誰かが持ってきて、おもむろに中から手袋とサングラスを装着し始めるらぶ。見たことのある指先だけ色の違う手袋とサングラス、これはもしや……!?!?とざわつく会場とどや顔のらぶ。口々に「見たことある」「俺は刺されてる気がする」「みんなも懐かしく感じるかも」なんて言っているのがなんだかぐっときた。

めちゃくちゃ決め顔で最高にかっこいい長妻怜央と最高にかっこいい曲クレドリ。だがしかしサンタコス。だがしかしサンタコス。

 

Sexy Summerに雪が降る

セリフまで完コピ顕嵐様。無敵最高の一言。

 

ダイスキデス

最初、萩ちゃんが一人でステージに出てきてワンフレーズ歌って、そのあとにやすいさんが登場。この時点でもう過呼吸。そのあとに5人も登場。歌割が以前に萩安で歌った時のまんまで。二人で歌ってたところは全員で、当時のソロパートはそのまま二人のソロパートになっていて震えた。振り付けも多分当時のまま。「空飛ぶ猫がいるというなら僕は信じるよ」が萩ちゃん、「だけどこの恋はまだ二人だけの秘密だから」はやすいさんって、あの頃とかわってないよね。まさかまた二人が歌うダイスキデスが見れるなんて思っていなかったし、二人だけじゃなくてユニット全員で歌う日が来るなんて思ってなかったよ……。

 

Striker

こちらもまさかやると思わなかった曲。振り付けパート割もろもろ去年の夏と同じ。去年の夏曲はエタマイを引っ張ってきて終わりなのかなという気持ちだったのでまたこの曲を踊ってくれるなんて、もーーーーーー思わないじゃん????無敵、最強という言葉が本当に似合う。

 

Masterpice

Strikerのアウトロがマスピのイントロになるという間髪入れない無敵攻撃。最後の「Shadow Shadow Shadow Striker」の後余韻もなく間髪入れずマスピのイントロが流れ始める感じ。この勢いのある流れが本当に最高だった。ぜひどこかで映像に残してほしい気持ちでいっぱいである。見慣れたマスピもなんだか違う空気に感じた。

 

最後の挨拶

やすいさんの言葉選びってなんでこんなにも綺麗なのかなって毎度のことながら胸がいっぱいになる。やわらかくて、温かくて、ほっと幸せになれるようなやすいさんの言葉選び、ため息が出るくらい大好き。ああ、好きだなってふわっと感じるのはこういう時かもしれない。

 

YOU

全員上は白いシャツで統一されてて、本編の最後とは一転して爽やかな雰囲気なのがとても好印象だった。それぞれのハモりもとても綺麗で、らぶってどの組み合わせでも笑っちゃうくらい綺麗にピタッと声が合うの不思議だなあと思う。

 

SHAKE

 

感想その他もろもろ

ラブソングから始まる公演って最高じゃん?がこんなにも早く実現すると思わなかった。ラブソングから始まりCALLで終わる、秋の単独とは真逆の曲構成。ここまでがらりと雰囲気が変わるんだなととても新鮮に感じたな。ものすごく狭くて奥行きもないステージだからバンドダンスを織り交ぜた曲構成をほぼしていなかったというか、前半はダンス、後半はバンドとしっかり分かれていたのも物凄く新鮮だったなあ。いつもバンドとダンスを織り交ぜて、踊ったと思ったらバンド!次はダンス!みたいに目まぐるしく変わるステージな印象だったので、ダンスだけに集中、バンドだけに集中ってできる空気感だったり雰囲気はとても好きだなと思った。やすいさんも言っていたとおり「いつもとは違う雰囲気のLove-tune」が見れたんだな、と。

あとね、やっぱり終始やすいさんが楽しそう。ずっと楽しそうに笑ってるの、本当に幸せになるね。

 

さいっこうに楽しかった!!!!!!!!!2017年もたくさんたくさんありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!2018年もよろしく!!!!!!!!!!!!!!!!!!!