星屑に乗って

君にもしも出会わなければまるで違う世界が見えていたんだ

キントレ Love-tune単独 8/6 3部覚え書き

いつも始まるとあっという間に終わってしまうなと思ってはいたけれど、三日間って本当にあっという間ですね!?!?瞬きしたら終わってしまったくらいの気持ち。一瞬だったのに物凄く濃くて、こんなに終わらないでと願った夏は初めてでした。

こちらもメモを解読しつつ記憶と照らし合わせて探り探りしているのでいつも以上に雑な感じになっております。悪しからず!!!!!!!!!!!!!!

 

罪と夏

この時のお顔がまーーーーーーーーー可愛くて!!!!!めん玉落ちるんじゃないかってくらいおめめかっぴらいて、お口は限界まで縦に開いてうおおおおお!?!?って顔して、ごめんごめん!!!!ってしきりに謝る安井さん。遠くで見てたれおと萩ちゃんが飛んできて、れおはやすいくん何してんのーーーーー!!!!!!うわーーーー!!!!!やらかしたーーーーーー!!!!!って指さして笑って、萩ちゃんはもう!何してんの!!謝って!!!!って安井さんの背中を押して一緒にごめんなさい、ってお辞儀してて最高であった。

 

ミニMC

森「聞いたところによるとタオル売り切れ!?」

「「「ありがと~~~!!」」

Love商売上手tuneさん

 

MC

単独決まったね!っていう前に物凄いテンションで「サンキューーーーーー!!!!!!!!」と叫びながら前に出てくる萩ちゃん。軽くパギヤ。

・観覧とのからみ

猪狩さん「でも諸星くん盛り上げたりなくないですか????????」

諸「あ”あ”ん!?!?!ちょっと隣こいや!!!!!!!!」

涼ちゃんは「Love-tuneのライブ本当に楽しくて!!!!」ってものすごい笑顔で言ってくれててとても胸が温かくなった。そして涼ちゃん、眼鏡かけてて爆モテDKの香りがプンプンした。

・映画の話

みゅさん安定のひらがな喋り。舌っ足らずな「けんたろう」呼び。最高に可愛い。

・魔女宅の話

 

Love wonderland

 

夕闇トレイン

アンコ挨拶って呟いてるけど多分夕闇トレイン前最後の挨拶だったと思います。

 

I Scream Night

この時の安井さん、本当に本当に楽しそうで。普段だったら「カメラにお尻向けてるよ」「お客さんにお尻むけない!」って真っ先に注意するのが安井さんなのに、この時ばかりはそんなの欠片も気にせず、メンバーの方を見ていて。あの時の安井さん、どんな顔してたのかな。客席に向けるのと同じくしゃくしゃの笑顔をしていたのか、それともメンバーにしか見せないとびっきりの笑顔を浮かべてたのか。後者だといいなあとぼんやり思います。

メンバーに問いかけてる時もだけれど、「Love-tune集合!」と曲中でみんなを集めて肩を組んで飛び跳ねてた時の安井さんが、公演イチ最高に幸せそうな表情でお顔をくっしゃくしゃにして笑ってて胸が熱くなりました。

 

Wアンコール

CALLははかいこうせんと同じ発言がなかなかじわじわ来てる。反動で動けないのか……そんだけパワーを要するのか…………。

Twitterでも呟いたけど、決めた後に「割とLove-tune最初の頃の曲」って安井さんが言っていて。確かに突然増員した去年の後半クリエでも披露していたけれど、バンド体制の本当の原点、ガムシャラJ's party Vol.8のOPも自分のためにで。色々とダブって見えたのは私だけじゃないはず。

何かの準備でいったん袖にはけた間に決まったので、れお以外にさなぴが耳打ち。戻ってきたれお「俺聞いてないよ!?!?」→安井さんが耳打ち→れお「きいちゃったもんね~~~!」と上機嫌。可愛い。

そんな中服を脱ごうとするさなぴ。「もうちょっとなんだよな~~!?もう少しで脱げるんだけどな~~~!?!?盛り上がりが足りないな!?!??!」きゃーーーー!!!/「ぬぐぜーーーーー!!!!!!」と会場の盛り上がり具合で服を脱ぎ始めるさなぴ。それを見たれおも真似して脱ぎだしてメンバー大爆笑。

 

 

諸々感想

本当に、本当に楽しかった。夏のEXでここまで楽しかったのは初めてだし、楽しかった幸せだった!って感情だけを持って帰ってこれたのは今までになかったかな、と思います。Wアンコが終わっても鳴り止まないLove-tuneコール、もうこれ以上はないことがわかって自然と掛け声が拍手に変わるあの感じ、物凄くあったかかったなあ。

自分のためにの話に戻ってしまうんだけど、本当にこれで。あの時、いつかきちんとグループができてグループ名を叫べる日が来ればいいなそんなの夢のまた夢かな、なんて思ってたんです。そこでまた自分のために聞けたらいいなあなんて。全部現実になっちゃった。すごい。

去年のEXでのらぶは、まだ手探りな感じがひしひしと伝わってきていて。ちょっと気を使ってるようなれおとか、どういう空気感で行くのか迷っているメンバーの感じとか、とりあえずバンド!な感じの選曲だったりとか、見てるのちょっとしんどいなと思ってしまうような、そんな感じ。それが一年たって綺麗にまとまったように見えました。バンドとダンスのバランスだったり、何よりメンバー内の空気間ががらりと変わっていて驚きました。ひしひしと伝わってくる仲良し感。全員がきちんと繋がっていて、だからこそ滲み出てくるあたたかい空気と、揃うところはバッチリ揃うメンバーの息の合い様。みんな楽しそうで、終始Love-tuneが好きでたまらないって顔してる。やっとLove-tuneとして確立したのかな、と感じたEXでした。

ああ、グループが出来たんだな、叫ぶ名前も帰る場所も楽しいを共有できる最高の仲間も出来たんだな、と今までで1番、痛いくらいに感じたこの公演。この7人でよかった、Love-tuneで本当に良かった。こう思える日が無事に訪れてちょっぴりホッとしています。 これからも彼らの進む道を見届けられますように。

最っっっっ高に楽しかった!!!!!!!!!!!!3日間7公演本当にお疲れ様でした!!!!!!!!!!!!!最高の夏をありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!