星屑に乗って

君にもしも出会わなければ まるで違う世界が見えていたんだ

三婆 11/1 初日公演覚え書き

一気に寒さが厳しくなってきました。毎回言っていますが、というかこれしか言ってないような気がしますが今回も言わせてください。時間たつの早すぎませんか!?!?

舞台出演の発表があったのが2月25日、ビジュアルが公開されたのが6月24日、そして今日の初日。始まるといつものごとくきっと風のように終わってしまうだろうから、1年近く待ったこの1か月間めいっぱい楽しみたいと思いますいえーーーい!!!!

今回もいつも通りの私による私のための覚え書きになります。そしてネタバレも含みますので、大丈夫な方だけどうぞ!

 

一幕 60分

第一場 神楽坂 駒代の家

第二場 目黒長者丸・武市家の居間

第三場 同・台所から居間

第四場 同・三っつの部屋

二幕 80分

第一場 武市家の庭

第二場 同・居間から庭

第三場 同・庭から台所

第四場 同・食堂

三幕 20分

第一場 武市家の門前

第二場 同・庭

 

・辰夫登場

花道からちりんちりーんと自転車で登場。ってだけでなかなかのインパクトなのに

辰夫「エビバディレッツゴーいえーーーーー↑↑↑」

って軽く歌いながら登場。待って何それ。どういうコンセプト。まって。特大インパクトでのっけからがりがり深く爪痕残してる辰夫。完璧にえぐった。爪痕残すどころじゃなくがりがりえぐった。

登場も花道チャリで、はける時も花道をチャリで疾走するんだけど、裏に消えた後もキキキキーってブレーキ音がすごい聞こえてちょっと不安になった。この一か月の間に花道から転落しないことを祈ります……。

 

・辰夫とお花

辰夫登場後のシーン。

お野菜が入ってる籠の中から手拭いを取り出して、お花さんの汗を拭おうおする辰夫。

お花さん「それ汚くない!?」

辰夫「さっきトマトを磨いたくらいだから大丈夫!」

みたいなやり取りがあるんだけど、これがまあ可愛いんだ……。本当にお花さん好きが溢れてる。扇いで!って言われて超元気にはいっ!って返事するんですよ……そして嫌な顔一つせずずっとニコニコ扇いでてもう…………好きが溢れまくってる……。ふいにお花さんが「たっちゃん」って呼びかける場面が一度だけあるのですが、この時の辰夫の照れたような嬉しそうなお顔が最高に最&高なので皆さんお見逃しなく。

 

・辰夫とお花その2

2人がちゅーしようとするくだりの前にタキさんと辰夫がキュウリの値段でもめるシーンがあるのですがそこも大変見どころです。私は大好きです。「2本で20円です!」「こんなやせ細ったキュウリが一本10円!??!!?その辺だったら8円で売ってるわよ!!!16円ね」「どなたにも一本10円で売っているので」「8円」「10円!」みたいな壮絶(っていうほど壮絶ではないけど)なやりとりがあります。楽しいです。

本当に直前までちょっと嫌そうなお顔してるんですよ。でもポケットからブラシを取り出して髪をセットし始めた瞬間に変わる目つき。そしてふっと向きを変えて歩き始めた途端に一気に女を落とす目へ早変わり。びっくりしました。大変ぞくぞくしました。現場からは以上です。

 

一幕は登場、タキさんとのキュウリの値段戦争、お花さんとのシーン、タキさんを怖がらせて追い出そう作戦、が見どころかな!と!思います!!二幕は正直目立った出番はないかな、という感じ。

 

・三幕、辰夫一家登場

三幕は20分という短さなのですが、登場から最後まででずっぱり。前半はほぼメインになってお話を進めています。ちなみにスーツにネクタイです。かっこいい。

ずっとニコニコしながら娘ちゃんのことを見ている辰夫お父さん、ほほえましいの塊でした。瞬きする一瞬ですら見逃すのが勿体ないくらいに微笑ましい。

最後までタキさんとの絡みが楽しい辰夫さんでした。

 

ちょろっと感想まとめ

普段の小柄さを全く感じさせないたたずまいというか、なんというか。もちろん女性ばかりで平均身長が低かったのもあると思うけれど、それでもなんだかいろんな意味で大きく見えました。そして本当に声が良く通る!やすいさんは自分の声があまり好きじゃない、なんて言うけど、あの特徴的な声も立派な武器なんだな、と。

無事に残り公演走り切れますように!楽屋ののれんはどうしたのかだけとても気になるのでいつか雑誌かラジオで話してねよろしくお願いします!!!!!!