星屑に乗って

君にもしも出会わなければ まるで違う世界が見えていたんだ

ドリボ 9/29 昼公演覚え書き

6月末に発表があって、ワクワクしながら待っていたドリボもあっという間に終わってしまいました。本当に始まると風のように過ぎていくのが不思議です。

今回も自担メインのツイートまとめです。悪しからず。

 

とっても平和な上手台と真ん中台でした。ながつを見てるさなぴの目が完全に弟を見守るお兄ちゃんの目で、大丈夫ですよ~って言ってるの見て本当に温かい目でふわっと笑ってるの。歳の差が割と大きいらぶのなかで、ながつはものすごく可愛がられてるんだろうな、なんて感じた瞬間でした。

 

・BOMB

フードかぶってラストで思いっきり取り払うのが必須条件だと思ってたぼむ。今回は側転で綺麗にフードかぶれたんだけど、途中で思いっきり振り払って、ラストはフードなしで決めポーズ。フードかぶるのが必須条件じゃなかったんかーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!

 

・刺されたヤスイ

いつもはおへその横あたりを刺されてるんだけど、今回はあばらのあたり刺されてて本当にやばいやつ。死ぬからあんなところ刺されたら死ぬから。2幕のチャンプの病室シーンでトシヤが「あいつ、ケントのジムのヤスイを刺したんだ!命に別状はないらしいけど」みたいに言うんだけど、いやいやいやあれは命に別状ないわけないから死んでるからって思わず突っ込んだ。

すっっっっっっっっごい動揺してるアラン。演技が細かいというよりは本当に動揺しすぎて何しようか迷ってああこれもやろうこっちも試してみようあああああああどうしようみたいな雰囲気だった。そしていつも刺されたところを押さえてるヤスイ、今回はだらんと腕おろしてて、血まみれの手が見えて最高にぐっと来た。

 

・芝居小屋のシーン

割とまじめに心臓付近すぎて心配になった。大丈夫?生きてる本当に生きてる????

 

 

今回ショータイムは特にこれと言って印象に残ったことがありませんでした。CALLもいつもよりおとなしいというか、決められた立ち位置にずっといるイメージ。煽ってもないしメンバーともそんなに絡まず~~はい終わり、って感じでした。

幕が閉まる前、前回はさなぴとやすいさんが深々お辞儀してたんだけど、今回もさなぴとやすいさんは当たり前のようにお辞儀して、そして長妻もお辞儀してたのに驚いた。

 

あっという間に終わってしまったドリボ。今までLove-tuneって呼ぶのに抵抗があったし、メンバーが増員したことやその他もろもろも受け入れられないことが多かったけど、この舞台を見てああこれでもいいのかも、と思えたことが私の中で一番の収穫かなと思います。

オリジナル曲も強いのなんのって。自担双眼鏡ロックオン芸人なのですが、CALLは思わず双眼鏡をおろしました。前半のくるくる変わるフォーメーションは誰か一人を見ているのが勿体なくなる位綺麗で力強くて。そしてフォーメーションと同じくらいくるくる変わる歌割も魅力的。やっぱり全部踊ってほしいなっていう思いはあるけれど、これはこれで素敵だな、と。本当にいい意味で印象が変わった舞台でした。